体質に合った抗うつ剤を処方してもらおう|種類をチェック

体調に合わせた施設選び

レディ

診療科目と処方薬の種類

ストレスがかかることが多い環境に置かれていると、急な体調の変化を感じることがあります。憂鬱な感情が襲ってきて始終不安にさいなまれている、夜眠れなくて困っている、などの症状をお持ちの方は一度うつ病の検査を受けてみると良いでしょう。うつ病は、脳内で神経伝達物質の働きが鈍くなることで発症することが定説となっていますが、脳の働きの変化は体へも影響してきます。重いうつ病になると起き上がることも困難になってしまうため、早期に専門医に診てもらう必要があります。うつ病治療を行っている医療機関では、心療内科や精神科を設けており、治療プログラムや抗うつ剤の処方で回復に導いてくれます。うつ病をしっかりと回復させるには、こういった専門的な施設を利用することが大切です。今は心の病を中心に扱っている心療内科や精神科が多数存在しており、専門性の高い診察の中でうつ病診断を的確に下してくれます。心療内科なら内科的観点からうつ病診断を下してくれるため、不眠や倦怠感など、身体に変調がみられる場合には心療内科への受診がふさわしいと言えるでしょう。精神科は精神疾患に特化した治療を行っており、不安やイライラなど、精神的な負担を強く感じている場合の受診に適しています。うつ病の検査を受ける場合は、自身の体調に合わせて科目選択を行うと診断もスムーズに進みます。中には心療内科と精神科、両方の診療に対応している施設もあるので、可能であればそういった施設を選ぶのも良いでしょう。そして、治療には基本的に抗うつ剤が用いられますが、抗うつ剤にも複数の種類が存在しています。種類別に見ると、セロトニン、ノルアドレナリンに効率的に作用するSNRIやSSRI、また、うつ病治療に長く利用されてきている三環系、四環系抗うつ剤があります。現在は副作用の少ないSNRIとSSRIが代表的な処方薬となっており、多くの施設で扱われています。ただ、抗うつ剤の効果の表れは人によって異なってくるため、状況によって三環系や四環系の抗うつ剤が用いられることもあります。専門の医療機関なら、一人ひとりの症状を把握した上的確に処方してくれるので、抗うつ剤による気分や体調の回復を実感できるでしょう。効き目のある抗うつ剤で治療していくためにも、うつ病の症状がみられる場合は心療内科や精神科に受診することが大切です。インターネットで調べれば、心療内科や精神科のホームページが多数出てくるので、お近くの施設を探してみましょう。今はホームページから予約が取れる施設も存在しており、体がつらい場合でも負担なく連絡を取れます。

聴診器

間違った服薬に注意

抗うつ剤は脳に作用するという点から漠然とした不安を抱きながら治療をスタートする人も少なくありません。そのことが回復を遅らせることにつながってしまうこともあります。正しく理解して、気長に服用を続け治療をしていくことが非常に重要です。

Read More

医薬品

うつ病のお薬の種類

抗うつ剤には昔からあるものと比較的新しいものとがありますが、現在主に使われているのはSSRI、SNRI、NaSSAというお薬です。それぞれ神経伝達物質の伝わり方や量に作用するもので、一人ひとりの症状に合わせて処方されます。

Read More

男の人

様々な薬がある

抗うつ剤を利用していくということであれば、様々なリスクをきちんと考慮しておくということが大事です。きちんと薬を使用することで状態を大きく改善させていくことが出来ることも多いです。現在では、様々な治療薬があります。

Read More

薬を飲む人

心理状態を改善できます

うつ病を治す上で、セロトニンとノルアドレナリンの働きを無視する事はできません。よってセロトニンとノルアドレナリンのどちらが不足しているかを医師に診断してもらい、診察結果に合わせた抗うつ剤の使用が必要です。

Read More

Go to Top