体質に合った抗うつ剤を処方してもらおう|種類をチェック

様々な薬がある

男の人

症状によって変える

抗うつ剤は、様々なものがあります。効果なども薬によって大きく変化していくことになります。有名な抗うつ剤には、レクサプロやエビリファイなどがよく使われています。レクサプロは、セロトニン濃度を高めて神経伝達を改善します。そのことによって、気分が楽なったり、良くなったりします。ジェネリックであれば、安く手に入れることが出来ます。エビリファイは、うつ病以外でも統合失調症の治療でも活用されています。副作用が少ないということから、現在ではかなり需要が伸びている薬でもあります。引きこもりや無気力などを改善してくれる薬です。その他にも、パキシルなどがあります。パキシルは、セロトニン系の神経のみに働きかけるということから、副作用が少ないということも特徴となっています。知名度ということであれば、デパスがあります。デパスは、神経症や不安障害などにも利用されていることから、万能薬として使われています。抗うつ剤を使用するということであれば、薬に関してある程度の知識を持っておくということが重要です。抗うつ剤は、副作用などをきちんと考えて利用するということが大事です。どんな薬なのかを知っておくということは、実際に使用していく上ではとても大切なポイントです。ジェネリック系の薬なども増えていることから、安く手に入れることが出来る薬なども増えています。薬を選択するということであれば、効果が高いということは大切です。それと同じくらいに安全性がきちんと証明されているということも重要です。様々な薬を試していくということも必要です。症状との相性から効果が出やすい薬などもかなり変化していくことになります。薬の中には、SSRIのようにバランスが優れている抗うつ剤なども人気となっています。もっとも多く処方されている薬だとされています。どんな薬を使うのかは、医師の診察による判断ですが、知識があれば様々な相談をしていくということも出来ます。治療薬は、日々進歩しているということからしっかりと情報を集めて薬を使っていくということも重要です。重度の場合には、効果が強力な薬を使っていくということも多々あります。ただ、副作用なども大きなものとなっていることから、慎重に使用していくということが大事です。うつ病の治療は、長期化していくということもあります。長く使い続けていくことで、より効果がはっきりと出るということも多いです。様々な薬を一度に服用はしないということも大切です。

Go to Top