体質に合った抗うつ剤を処方してもらおう|種類をチェック

心理状態を改善できます

薬を飲む人

脳内物質の変化を促進

精神干渉で肉体の機能を統括する物質を分泌やその他のコントロールを行う事で、うつ病治療ができるようになっています。このコントロールを行う物質が抗うつ剤に当たり、現在では改良版も含めて多数の種類が存在しています。抗うつ剤開発初期の段階から存在しているのが、三環系と呼ばれている種類で神経伝達物質の分泌量を増やす効果があります。分泌量の影響が顕著に現れるのがセロトニンとノルアドレナリンで、特にセロトニンは幸福感を得られるのでうつ病治療には欠かす事ができません。またセロトニンは脳内での分泌量が少ないので、それを三環系抗うつ剤でサポートできる点は非常に有用な効果を発揮します。セロトニンやノルアドレナリンは、より確実な働きをするためにモノアミンの作用が必要になってきます。そこで三環系抗うつ剤は分泌されたモノアミンが分解吸収されないような濃度に保ち、効率的に脳神経を安定させうつ状態から脱却できます。三環系は効果が高いので、軽度のうつ病を治療するためにその後開発されたのが四環系抗うつ剤です。一番の特徴は三環系と同じくセロトニンとノルアドレナリンの分泌を助けますが、ノルアドレナリンへの作用が極端に強い特徴があります。ノルアドレナリンは交感神経系に対して強い刺激を与え、ストレスに順応できるような心理状態にできます。また心拍数や血圧の上昇も見られるので、活発的な行動を起こせるようになりふさぎ込んでうつ状態をさらに悪化させてしまうのを防ぐ事ができます。抗うつの効果を発揮するまでの期間も1週間前後と短いため、医師の診察によって三環系か四環系を使用するという形が定着しています。この様にうつ病を治療するには主にセロトニンとノルアドレナリンが重要になってくるため、これらの物質に対しての干渉能力を強化した物もあります。それがSSRIとSNRIの二つで、日本国内での使用事例も多く安定的な効果を発揮する治療薬として知られています。まずSSRIは分泌後徐々に分解されてしまうセロトニンの分解を防げるので、脳内のセロトニン濃度を高くする事ができます。よってうつ病の原因になる不安障害や強迫性障害も防ぐ効果もあるため、うつ病の原因が複数ある人への投与事例が多くあります。そしてSNRIはセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンに対しても分解を防ぐ効果を有しています。開発された時期も2000年と比較的新しく、三環系と比較して複数回の服用で体に負荷が掛からない点が注目を浴びています。また肉体の覚醒状態が長期間続くので、生活環境を改善する形でのうつ病治療を行える特徴があります。

Go to Top