体質に合った抗うつ剤を処方してもらおう|種類をチェック

うつ病のお薬の種類

医薬品

症状に合わせて処方

うつ病を治療するためのお薬が抗うつ剤です。病院では、一人ひとりの症状に合わせて適切なお薬が処方されますので、正しく服用して病気を治して行きましょう。現在使われている主なお薬はSSRIやSNRI、NaSSAというお薬です。これらは比較的新しいお薬で、それまで使われていた三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬を元に新たに開発されたものです。ただ、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬など、従来のタイプのお薬のほうがより良い効果を現す場合もあります。担当医師が患者一人ひとりの状態を診察してお薬の種類を決めたり、お薬を途中で変えたりしますので、一緒に相談しながら治療を進めましょう。SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬という抗うつ剤です。効果は神経に伝えられるセロトニンの量を増やすことで、副作用が比較的少ないので第一選択とされるお薬です。セロトニンはリラックス効果をもたらすことで一般にも知られていますが、分泌された時に受容体に取り込まれる量がコントロールされています。この時、再取り込みによって伝達量が減らされるのを阻害して、神経に伝わる量を多くするのがこのお薬の特徴です。不安や気分の落ち込みの改善に高い効果を持っています。SNRIは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と言われる抗うつ剤です。こちらもSSRIと同じように伝達物質の再取り込みを阻害して量を増やすお薬ですが、セロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用します。不安や気分の落ち込みだけでなく、意欲の低下にも効果が期待できますし、痛みを軽減させる作用もあります。NaSSAは、一番新しいタイプの抗うつ剤で、とても優れた効果があるとされています。前述の2つは、分泌された物質が再取り込みされるのを阻害する作用ですが、NaSSAは分泌そのものを促進して量を増やす作用があります。セロトニンにもノルアドレナリンにも効果があり、特にセロトニンがよく働ける環境を作ります。眠気を強く感じやすいので、日常生活で眠気があっては困る場合は見送られることもありますが、飲み慣れると軽減されることも多いです。とても有効なお薬ですから、上手に付き合っていくと良いでしょう。基本的にはこれらの新しいタイプのお薬から、一人ひとりの症状に合わせて処方されることになるでしょう。治療を進めて行く中で症状にも変化があると、お薬の量だけでなく種類も変わる場合があります。いずれにしても担当医師の判断になりますが、よく症状を報告しながら一緒に治療を進めて行くことが大切ですね。

Go to Top